肩こり、腰痛、頭痛がつらい・・・!

以下の症状に心当たりはありませんか?

口が開きにくい
顎周辺が痛い
口を開くと変な音がする

それはもしかして、顎関節疾患からくる全身の痛みかもしれません

咬合(かみ合わせ)の重要性

 歯科治療での根本をなすものは咬合(かみ合わせ)だと考えます。
歯の詰め物を一本するにしても義歯や歯周病の治療、さらにはインプラントをするにしても、咬合がもっとも重要です。

 かみ合わせはすべての治療の根本となります。咬合が悪いと歯のトラブルが起こりやすくなります。歯ぎしり食い縛りが強くなり、虫歯や歯周病そして顎関節症の原因となります。詰め物や被せ物が外れるのもかみ合わせと関係しています。
 歯ぎしりくいしばりの時は正常咀嚼力の10倍もの力(60~100kgの力)がかかるものですから、歯や歯茎や顎関節が壊れるだけでなく、場合によっては頭痛や肩こり、 そして線維筋痛症に至るまで、さまざまな病気の原因となることもあります。

 当院では崇城大学工学部東町高雄教授と歯科疾患とストレスの関連について共同で研究し、臨床に活用しています。
今後咬合とウツ等の精神疾患、睡眠障害、姿勢等の全身とのつながり等が解明されることでいままで原因不明の難病とされていた病気の解明ができ、 医学は大きな変貌をとげることができる可能性があります。

〒860-0844
熊本県熊本市水道町1-23
加地ビル2階(水道町交差点角)
Tel 096-351-9125
Fax 096-351-9126
Mail suga@ina.bbiq.jp

リンク